第13回 令和2年度ネットの安全・安心けいはつコンクール【受賞作品】

 

 

ポスター部門 受賞作品

佐賀県知事賞

佐賀女子高等学校 3年生

 

 

【受賞者コメント】

 家族や友人と遠く離れていても、今の時代はインターネットがあって、オンラインで話すことができるようになりました。オンラインでも、会って話すことも、心の距離は変わることはなく、離れているからこそ、身近な人の存在の大切さや「今、どうしてるかな」「元気で過ごしているかな」と思いをはせることで気持ちはぐっと強くなれる、ということを伝えようと思い、このポスターを描きました。

 

【審査員コメント】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、外出の自粛など私たちの生活に様々な影響を与えました。そんな中、各方面から大きな注目を集めたのがビデオ会議システムの利用でした。このポスターは、ビデオ会議システムを題材にwithコロナ時代のICT利用に関して明るい希望を示すものとして審査員からの高い評価を得て、佐賀県知事賞を受賞しました。

 

 



佐賀県教育委員会教育長賞

武雄市立北方小学校 4年生

 

【受賞者コメント】

ネットのモラルを楽しく学べるようにカルタ形式で描きました。

 

【審査員コメント】

この作品は、多くの人が遊んだことのある「かるた」をモチーフにし、鮮やかな絵札で見る人の目をひきつけています。読み札は「インターネット」の頭文字ごとに簡潔な言葉でネットのよさと注意すべき点を伝えています。インターネットについて、「かるた」を通して、みんなが楽しく考えることができる作品になっていると思います。

 

 

佐賀県警察本部長賞

佐賀女子高等学校 3年生

 

【受賞者コメント】

SNSでは、軽い気持ちで投稿したものが誹謗中傷や、住所特定などへと繋がり、知らぬ間に加害者や被害者になってしまいます。そういったことが起きないように、投稿する前に今一度、他人を傷つける内容ではないか、不必要な情報を載せていないかを確認して欲しいという思いでこの作品を制作しました。

 

【審査員コメント】

SNSは便利なツールですが危険な側面もあります。投稿する内容によっては、個人の特定につながりますし、何気ないひと言が凶器になることもあります。

この作品で描かれているのは、安易な気持ちでSNSに投稿しようとする人に対して待ったをかけ、慎重な投稿を促す「強い意思」を感じさせるメッセージです。

ネットを安全に利用するために一人一人何ができるのかを考えさせてくれる素晴らしい作品です。

 

 

佐賀県PTA連合会会長賞

佐賀市立兵庫小学校 2年生

 

【受賞者コメント】

わたしは、お母さんとゲームの時間のやくそくがあります。スマホをつかうようになったら、もっといろいろなやくそくが、ふえると思います。みんながトラブルにあわないように、やくそくをまもってつかえばいいと思って、こんな絵をかきました。

 

【審査員コメント】

「スマホのやくそくまもろうね!」という、ちょっと固めのキャッチコピーを「ゆびきり」という誰もが知っている形で、わかりやすく、かつ大きく表現しているところが、本当に素晴らしいと思いました。見た人に作者の意図が大変伝わりやすい作品に仕上がっています。

 

 



佐賀大学教育学部長賞

小城市立三日月小学校 5年生

 

【受賞者コメント】

私がこのポスターで伝えたかった事は軽い気持ちでインターネットを使うとこうかいすることがあるので考えて使ってほしいという気持ちでかきました。私のポスターを見てみんなが楽しく安全にインターネットを使ってくれたら、とてもうれしいです。

 

【審査員コメント】

SNSに不用意な投稿をしてしまい予期せぬ事態に陥ってしまうことがあります。このポスターはSNSへの不用意な投稿を後悔する人物の表情の変化にスポットを当てることにより、「こうかいしてもおそいよ」というメッセージを伝えています。その点が高く評価され佐賀大学教育学部長賞を獲得しました。

 

 

佐賀県高度情報化推進協議会賞

佐賀県立致遠館中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

現在、コロナ禍の真っただ中ですが、ネットを使えば遠くの人とも交流できます。このことは、最近収益が減少している観光業において、ネットというツールが救世主になるということではないでしょうか。佐賀県も観光客が減少していると思いますが、こういう時に佐賀県の紹介動画などをVRにしてビジネスにつなげられないかなと思ってこのポスターを描きました。

 

【審査員コメント】

VRゴーグルをとおして、世界観光が楽しめる体験ができる様子が伺えます。情報リテラシーが向上していけば、新しい技術を活用でき、大きく可能性が広がります。ICTの利便性を享受できる楽しい社会が始まっていることが、ストレートに伝わってきます。

 

 

佐賀県商工会議所連合会会長賞

佐賀市立城東中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

フィルタリングはネットを利用する際のあなたのヒーローです。フィルタリングをつけておくことで、ネットを通して、あなたにモラル的被害を及ぼす人たちからあなたを守ります、あなたの笑顔をフィルタリングは守ってくれます。自らの安全のためにフィルタリングをつけましょうという意味を込めて描きました。

 

【審査員コメント】

スマホやパソコン等が普及して、子どもからお年寄りまで、日常生活が大変便利になった反面、消費生活センターにはSNSを介した商取引のトラブルに関する相談が多数、寄せられています。フィルタリングはそうしたトラブルの未然防止に有効で、とても頼りになるということが、この作品からは一目で伝わってきました。

 

 



佐賀県商工会連合会会長賞

唐津市立大良小学校 1年生 

 

【受賞者コメント】

スマホは、ゲームもできるので、とてもたのしいです。でも、つかいかたをまちがうと、人にめいわくをかけることになります。だから、かぞくでやくそくをきめて、やくそくをまもってつかいたいです。

 

【審査員コメント】

「スマホはおうちの人にきいてからつかおうね」という優しいメッセージとおうちの人と女の子の笑顔が印象的です。スマートフォンを使う時のルールを決めることの大切さとルールを守って使うことがみんなの笑顔につながることを感じます。カラフルな色使いとハートの模様で見る人の気持ちも笑顔になります。

 

 

佐賀県中小企業団体中央会会長賞

鳥栖市立田代中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

最近、小さな子でもスマートフォンを持っている子が増えているけど、その中でネットのことをよく知らないで個人情報をあげてしまう子もいるのでそれに気をつけてほしいなということで描きました。ネットにのせる前にまず、個人情報の部分がないか、よく確認してから、ネットを楽しんでほしいです。

 

【審査員コメント】

SNSなどへの投稿により個人情報が悪意のある第三者に知られた場合には、それを利用した迷惑行為や犯罪行為に巻き込まれる危険があります。断片的な情報を組み合わせることにより個人の特定につながる場合もありますので、SNSに投稿する場合にはそのような情報が含まれていないか十分に注意してほしいと思います。

 

 

佐賀県ケーブルテレビ協議会賞

佐賀市立春日北小学校 2年生

 

【受賞者コメント】

オンラインゲームは、知らない人がたくさんいて、だまされたりわるぐちでいやな思いをしないように注意をしてほしくて、この絵をかきました。

 

【審査員コメント】

オンラインゲームは世界中の人と簡単にコミュニケーションをとることができますが、知らない人とつながることは最大限の注意が必要です。オンラインゲームの中の人がいい人か悪い人か分からず困った顔が、とてもよく表現されています。

 

 



佐賀県放課後児童クラブ連絡会賞

唐津市立竹木場小学校 1年生

 

【受賞者コメント】

スマホを持っているみんなが正しくネットを使ってもらいたいと思って描きました。

 

【審査員コメント】

お日様の下で3人と笑顔でスマホを使っている様子がとても素晴らしいと思いました。どんな風に使ったら良いのか、どうしたらもっと楽しくスマホを使えるのか、これからも考えながら、色んな人と話し合いながら、そして困った時には大人に助けてもらいながら、使っていってください。「みんなでスマホを正しくつかおう」というメッセージをこれからも多くの人に伝えてください。

 

 

佐賀新聞社賞

佐賀県立武雄高等学校 2年生

 

【受賞者コメント】

この作品を通してネットの使い方は勿論、ネットそのものをもう一度考えてほしいと思いました。大変便利で楽しい世界を見せてくれるネットではありますが、そればかりを見つめていないでしょうか。画面外を見てみると、案外新しい物に出会うかもしれません。

 

【審査員コメント】

スマホには世界中の様々な情報があふれていて、没頭してしまいがちです。しかし、私たちの身近にも、空の夕日や地面の花など、その瞬間にしか感じることができないものもあります。「あなたのセカイはそれだけ?」と書かれたメッセージから、私たちの周りにも色々な「セカイ」があることを気付かせてくれました。

 

 

サガテレビ賞

佐賀県立武雄高等学校 3年生

 

【受賞者コメント】

様々な人と交流ができるのもインターネットの魅力でもありますが、遭ったことのない相手とやり取りをする事には大きな危険性も伴うことを様々な仮面を使って表現しました。

 

【審査員コメント】

インターネット通信というマスコミュニケーションでありながら、メディアリテラシーがないために対人的コミュニケーションと間違えて、相手の情報も知らずに思い込みで情報交換する今の時代を、仮面で象徴している作品です。

 

 



ITサポートさが賞

佐賀女子高等学校 3年生

 

【受賞者コメント】

自分の画像(個人情報が分かるようなもの)をあまり考えずにネットにアップして、後で消せるから大丈夫と思っていても、それを消す前に見た人がスクショや保存をしてしまったら、どんなに投稿を消してもネット上からは消えないんだということを伝えたくてこのポスターを描きました。

 

【審査員コメント】

一度インターネット上にアップロードされたデータは、自分のものを削除しても誰かに保存されている可能性があります。実際、多くの炎上事案では元のデータが削除されたにも関わらずコピーされたものが拡散されています。このポスターは、見る人に「削除したつもりでも保存されているかも」というメッセージを強く印象付けています。

 

 

ITサポートさが賞

川上こども園 年中生

 

【受賞者コメント】

おかあさんがスマホばっかりみてるから、おにんぎょうでいっしょにあそんでほしかったので、このえをかきました。

 

【審査員コメント】

ICT機器の急速な普及は大人だけでなく子どもたちの世界にも大きな影響を与えています。友だちと一緒に遊んでいるはずなのに、その目や顔は端末の画面に向けられていたり、ヴォイスチャットを通じて話していたりすることがあります。このポスターは、そんな環境から離れて「スマホじゃなくてわたしとあそぼう」というメッセージを明るい画面で伝えてくれています。

 

 

小学生部門賞

唐津市立大良小学校 6年生

 

【受賞者コメント】

私は自分がボタン1つをおすことで危ないことになるということを言いたかったです。1つの簡単な行動で自分の住所がさらされたり、もっとひどい場合は犯罪にまきこまれてしまうということです。だからスマホを使う時は1つ1つの行動を大切にしてほしいです。

 

 



中学生部門賞

鳥栖市立田代中学校 1年生

 

【受賞者コメント】

私は、一生残っても大丈夫な投稿内容なのか、考えてほしくてこのポスターを制作しました。便利なインターネットは、使い方を間違えると危険なものになります。みんなが安全に使えるように、安全であることを考えて、インターネットに投稿してほしいと思います。

 

 

高校生部門賞

佐賀女子高等学校 2年生

 

【受賞者コメント】

インターネットが普及した現在、ネットでは性別や顔を隠せてしまいます。それを利用して、人を傷つける言葉を簡単に送ることができます。相手のことを考え、自分が送る言葉に責任を持ってほしいなと思い、この絵を描きました。

 

 

おとなと子どもで共同制作部門賞

志久慈音こども園 年長生

 

【受賞者コメント】

コロナで会えなくてもネットでいつでも会えるのを絵に描きました。

 

 



佐賀市長賞

佐賀大学教育学部付属中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

今この瞬間しか味わうことのできない友達との時間を思いきり楽しんでほしいというメッセージとともに、ネットを“使う”際には自分でルールを決めて安全に利用しようという思いを込めました。

ネットを全く利用しないのではなく、上手に付き合っていくことが必要だと考えたので“休憩中”という表現にしました。

 

 

唐津市長賞

唐津市立大良小学校 6年生

 

【受賞者コメント】

今の時代はインターネットが不可欠です。インターネットを使う中で、人をきずつけたりする事がなくなればいいと思い、この絵をかきました。正しい使い方をして、もっと便利に楽しくインターネットを使用してもらえたらいいと思います。

 

 

鳥栖市長賞

鳥栖市立田代中学校 1年生

 

【受賞者コメント】

今、ネット上では、いろんなトラブルが起きているので、そのトラブルを少しでもなくせるように、したいと思って、かきました。その言葉一言で、自分のものや人を傷つけること、汚れることを伝えたいです。一生懸命かいたので、ぜひ見てください。

 

 



多久市長賞

多久市立東原庠舎東部校 6年生

 

【受賞者コメント】

皆さんに伝えたいことは、顔が見えない人とゲームなどをすることには危険性が伴うということです。ゲーム上で知り合った人は、もしかしたら、悪いことをしている人かもしれません。顔が分かる友達としている時とのちがいを考えてゲームをするべきだと思います。

 

 

伊万里市長賞

伊万里市立国見中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

私がこの絵を通して伝えたかった事は、ネットに没頭するあまりに時間の大切さを見失って欲しくないということです。

インターネットを上手く利用しながら、自分の時間を有効活用して欲しいと思います。

 

 

武雄市長賞

武雄市立北方中学校 1年生

 

【受賞者コメント】

今回のポスターは、ネットは様々なところに個人情報などを特定できる可能性があるということを伝えたくて描きました。ネットは私たちの身近にあり、とても便利ですが、炎上や住所特定などの恐い部分があることをよく理解した上でネットを扱いたいです。

 

 



鹿島市長賞

佐賀県立鹿島高等学校 2年生

 

【受賞者コメント】

見た人が「もしかしたら自分もそういうことしてるかも」と思うように、できるだけ身近なネットトラブルの体験談をかきました。絵の中の女の子の傷は誹謗中傷で傷ついた心を表しています。背景は黄色と黒のラインをつかって危険な感じを表現しました。

 

 

小城市長賞

小城市立三日月小学校 5年

 

【受賞者コメント】

私はスマホなどのインターネットにつながる物は持っていませんが、私のように持っていない人も未来には持つことになるので、そのような時でもこのポスターを見て気をつけてほしいです。私もこのポスターのことを思い出して気をつけていきたいと思います。

 

 

嬉野市長賞

嬉野市立嬉野中学校 1年生

 

【受賞者コメント】

現代社会のSNSについてあまり良い印象を持たない方もいるかと思います。でも、良くない印象だけではなく、友達や家族などと「離れていても会える場所」として親しめるようになれば良いなと思い描きました。一人一人が安全に使ってほしいなと思います。

 

 



神埼市長賞

神埼市立神埼中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

ネットの安全というのは、私は自分で防ぐものだと思います。もちろん他人から(友達から)くる嫌なメールは防ぎようがありません。ですが、自分でできる対策はネット中毒でも依存でも課金のしすぎでも知らない人とのやりとりでもたくさんあります。このポスターはそんなイメージで描きました。お薬を投与しても効かないというイメージです。病気の予防のようにネットの安全だって予防をしましょう。

 

 

基山町長賞

基山町立基山中学校 2年生

 

【受賞者コメント】

困ったことがあれば、すぐに調べられるスマホは便利です。その一方、本来の目的とは違うことに使用することがあるため、気を付けてほしいと思います。

このポスターは、勉強の中で分からない所をスマホで調べていたはずが、関係のないアプリを見て、時間を奪うということを表しました。

 

 

玄海町長賞

佐賀県立唐津青翔高等学校 3年生

 

【受賞者コメント】

この絵は、スマホに夢中になって閉じこもってしまっている少女を描いています。この作品を通して、知らないうちにこういう状況になってしまうということを伝え、こうならないように、スマホの使い方に注意していけるようになればいいと思います。

 

 



有田町長賞

有田町立有田中部小学校 5年生

 

【受賞者コメント】

わたしのクラスでは、テレビゲームなどをしている人がたくさんいます。1年生のころと5年生のころを比べると、メガネをかけている人がたくさんいます。クラス全体(35人)で目が悪い人は、20人ぐらいです。少しでも1人でも目が悪くなってほしくないのでこの絵を描きました。ゲームをしないで!というのはむずかしいのでなにより1番目を休めることが大切なのかなと思い、目を休めている女の子の絵を描きました。みなさんも目が悪くならないように十分目を休めるように心がけてください。

 

 

大町町長賞

佐賀県立白石高等学校商業科キャンパス 2年生

 

【受賞者コメント】

刑罰対象にもなる違法ダウンロードの危険性と、それに伴うウイルス感染の危険性を表しました。

 

 


 

 

<令和2年度コンクール ポスター部門入選作品>

 

 

 

 

動画部門 受賞作品

 

最優秀賞 

タイトル【画面の相手は安全ですか?】 

佐賀県立牛津高等学校 チャットパトロール隊(2名)

 

 



優秀賞

タイトル【盗撮、ダメゼッタイ】

多久市立東原庠舎東部校 TOBU2021(6名)

 

 

優秀賞

タイトル【代行詐欺-グッズ編-】

佐賀県立牛津高等学校 M&M'sチーム(2名)

 

 

優秀賞

タイトル【アンチのエサになっていませんか?】

佐賀県立牛津高等学校 Smile'sチーム(3名)

 

 


 

 

<令和2年度コンクール 動画部門入選作品>


 

 

 

 

啓発動画感想文部門 受賞作品

 

最優秀賞

小城市立三日月小学校 5年生 

 



優秀賞

多久市立東原庠舎東部校 6年生

 

 

優秀賞

小城市立桜岡小学校 6年生

 

 


 

 

<令和2年度コンクール 啓発動画感想文部門入選作品>

 

 

 

 

最優秀学校賞

 

最優秀学校賞 【佐賀県立牛津高等学校】

 

 

 

 

令和2年度コンクール 受賞者一覧表

●ポスター部門


 

●動画部門

 

●啓発動画感想文部門


 

 

 

■■■第12回 2019年度ネットの安全・安心けいはつコンクール■■■

コンクールTOP第13回(R2年度)コンクールTOP受賞作品表彰式作品展示協賛企業募集要項