カテゴリ:ジンジン博士のケータイ新書



2020/04/26
 新型コロナウイルス対策(たいさく)のための臨時(りんじ)休校が、また始まりましたね。「ようやく新学期」と思っていただけに、とても残念です。今回の休校は、外出自粛(じしゅく)や移動制限(いどうせいげん)など3月の時よりも厳(きび)しそうです。公園の遊具なども使用禁止(きんし)になってたりしますよね。子どもたちだけでなく大人の人たちにもテレワークの推奨(すいしょう)や休業要請(ようせい)などいろいろな制限がかかっています。緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)もいつまで続くか不安です。  とにかく人が集まらないようにするのが大切ということで注目されているのが、オンライン会議システムです。なかでも「zoom(ズーム)」というアプリが人気で、皆(みな)さんも「zoom○○」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? zoom社の発表によれば昨年12月には1000万人だったユーザー数が、今年3月には2億人になったというのですから驚(おどろ)きです。会議に使えるのだからオンライン授業(じゅぎょう)にも使えるということで、20カ国9万校でzoomを使った授業を行っているという報告(ほうこく)もありました。  ところが、このzoomにセキュリティーホール(システム安全上の弱点)が数多く発見されて大きな問題になっています。さっそくアメリカでは、オンライン授業での使用禁止が通知された州もあります。それどころか業務(ぎょうむ)上での使用を全面禁止した国や地域(ちいき)もあります。  コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の影響(えいきょう)でインターネットの利用機会が増(ふ)えていくと思いますが、セキュリティー意識(いしき)を高く持つことがますます大切ですね。 (ITサポートさが・陣内誠)
2020/03/22
 佐賀県では新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)対策(たいさく)のための臨時(りんじ)休校が延長(えんちょう)されました。16日からの学校再開(さいかい)を楽しみにしていた人も多かったのではないでしょうか? ジンジン博士も大変がっかりしてしまいました。...

2020/02/23
 新型コロナウイルスが世界中を騒(さわ)がせていますが、世界保健機構(ほけんきこう)(WHO)という団体(だんたい)が、「『パンデミック』ではなく『インフォデミック』に気を付けて」と呼(よ)び掛(か)けています。...
2020/01/26
 2020年1月14日、Windows7のサポートが終わりました。Windows7は、2009年にマイクロソフトから発売されたパソコン用のオペレーティングシステム(OS)のことです。パソコンとアプリケーションのなかだちをしたり、プリンターなどの周辺機器を制御(せいぎょ)したりする役割(やくわり)をになっているソフトウエアです。ネットワーク管理やセキュリティーを担当(たんとう)するとても大切な役割もあります。では、Windows7のサポートが終わると、どんなことが起こるのでしょう?  一番大きいのはセキュリティー更新(こうしん)プログラムが提供(ていきょう)されなくなることです。非常(ひじょう)に残念なことですが、Windowsに限(かぎ)らずほとんどのソフトウエアには「脆弱性(ぜいじゃくせい)」と呼(よ)ばれる弱点が存在(そんざい)します。そして、その弱点が見つかるごとにそれをおぎなうための修正(しゅうせい)プログラムが提供されます。それがセキュリティー更新プログラムです。これが提供されなくなるということは、パソコンが非常に危険(きけん)な状態(じょうたい)になるということです。ウィルスに感染(かんせん)してしまったり、悪意ある人からの攻撃(こうげき)を受けたりすることになります。ただ、サポートが終了(しゅうりょう)してもパソコンは使えるので、そのまま使われているパソコンもあるようです。日本マイクロソフトの発表によれば、2020年1月の段階(だんかい)で国内では1300万台以上のパソコンが使われているとされています。ちょっと心配ですね。  ほかに、今後発売される周辺機器やソフトウエアがWindows7では使えなくなるでしょう。 (ITサポートさが・陣内誠)

2019/12/29
 今年がもうすぐ終わります。いろいろなことがあった2019年でしたが、皆(みな)さんにとってどんな年でしたか。...
2019/11/24
 読者の皆(みな)さんは「条例(じょうれい)」という言葉を聞いたことがありますか?...

2019/10/29
 今月、ジンジン博士にとって印象深い話し合いが二つ開かれました。...
2019/09/22
 2学期も始まって、そろそろ1カ月、読者の皆(みな)さん元気で過(す)ごしていますか? 8月の後半は、九州北部を記録的な大雨がおそい、大変な思いをした方も多かったのではないでしょうか。被害(ひがい)にあわれた皆様(みなさま)におみまいを申し上げるとともに、被災(ひさい)地の一日も早い復興(ふっこう)をお祈(いの)りします。とは言え、私(わたくし)自身(じしん)も少ないながら大雨の害をこうむりました。他人事ではなく、みんなで力を合わせてがんばりましょう。  さて、8月の後半は、もう一つ日本中を騒(さわ)がせた事件(じけん)がありました。テレビや新聞でも連日取り上げられていたので、記憶(きおく)にも新しいのではないでしょうか? そうです「あおり運転」をめぐる一連の事件です。  その中でもジンジン博士の印象に残っているのが、あおり運転加害者の車に同乗していた女の人を特定しようとした過程(かてい)で、全く無関係の女性(じょせい)を犯人(はんにん)扱(あつか)いしてしまった事件です。  被害にあった女性は「朝起きたら犯人にされていた」と語ったと伝えられていますが、インターネットに流されたデマ情報(じょうほう)の広がる速度と影響(えいきょう)の大きさにあらためておどろかされました。最初にデマ情報を流した人の責任(せきにん)も大きいとは思いますが、でたらめな情報にとびついて、それを拡散(かくさん)した多くの人々の責任も無視(むし)できないことです。気軽なうわさ話ぐらいの意識(いしき)だったかもしれませんが、情報発信にともなう責任を自覚してほしかったと残念な気持ちになりました。  一人一人が、自覚していれば防(ふせ)げた事件だったのではないでしょうか。 (ITサポートさが・陣内誠)

2019/08/25
 長かった夏休みももうすぐ終わり、読者の中には週明けから学校が始まる人もいるでしょう。夏休み期間中、安全なネット利用を心がけることができましたか?  最近、ネット利用の安全をおびやかす事例が増(ふ)えているのでお知らせします。...
2019/07/28
 夏休みが始まって1週間がたちました。皆(みな)さん、楽しく過(す)ごせていますか? 宿題は順調に進んでいますか? 中には宿題の大半を終わらせてしまったという気の早い人もいるのではないでしょうか。逆(ぎゃく)に「宿題って何ですか?」っていう強者(つわもの)もいるかもしれませんね。生活のリズムは、どうでしょう。夜ふかしや朝ねぼうしていませんか? どうしても夏休みはテンションが上がって、ふだんの生活リズムがくずれてしまいがちです。生活のリズムがくずれてしまうと体調もくずれてしまいます。  インターネットの利用に関しても同じです。夏休みの解放(かいほう)感から、ふだんとちがう行動をすると、トラブルにあうことがあります。一人で知らない街にでかけて道に迷(まよ)ってしまうようなものです。夏休みは、子どもたちのネットトラブルが増(ふ)えてしまいます。夏休みの解放感が心のスキをつくってしまうからです。もともとネットの世界は、自分の身は自分で守るのが基本(きほん)です。心にスキがあっては、自分の身を守れなくなってしまいますね。残念ながら、あなたの心のスキをねらっている人はたくさんいるのです。  日ごろ「インターネットを安全に使いましょう」と呼(よ)びかけているジンジン先生としては、夏休みだからと特別なことはしないで、ふだんと同じネット利用を心がけてほしいところです。いえ、むしろ夏休みだからこそ慎重(しんちょう)なネット利用をこころがけて、楽しい夏休みをすごしてほしいと願っています。(ITサポートさが・陣内誠)

さらに表示する