ブログカテゴリ:子ども佐賀新聞



2019/10/29
 今月、ジンジン博士にとって印象深い話し合いが二つ開かれました。...
2019/09/22
 2学期も始まって、そろそろ1カ月、読者の皆(みな)さん元気で過(す)ごしていますか? 8月の後半は、九州北部を記録的な大雨がおそい、大変な思いをした方も多かったのではないでしょうか。被害(ひがい)にあわれた皆様(みなさま)におみまいを申し上げるとともに、被災(ひさい)地の一日も早い復興(ふっこう)をお祈(いの)りします。とは言え、私(わたくし)自身(じしん)も少ないながら大雨の害をこうむりました。他人事ではなく、みんなで力を合わせてがんばりましょう。  さて、8月の後半は、もう一つ日本中を騒(さわ)がせた事件(じけん)がありました。テレビや新聞でも連日取り上げられていたので、記憶(きおく)にも新しいのではないでしょうか? そうです「あおり運転」をめぐる一連の事件です。  その中でもジンジン博士の印象に残っているのが、あおり運転加害者の車に同乗していた女の人を特定しようとした過程(かてい)で、全く無関係の女性(じょせい)を犯人(はんにん)扱(あつか)いしてしまった事件です。  被害にあった女性は「朝起きたら犯人にされていた」と語ったと伝えられていますが、インターネットに流されたデマ情報(じょうほう)の広がる速度と影響(えいきょう)の大きさにあらためておどろかされました。最初にデマ情報を流した人の責任(せきにん)も大きいとは思いますが、でたらめな情報にとびついて、それを拡散(かくさん)した多くの人々の責任も無視(むし)できないことです。気軽なうわさ話ぐらいの意識(いしき)だったかもしれませんが、情報発信にともなう責任を自覚してほしかったと残念な気持ちになりました。  一人一人が、自覚していれば防(ふせ)げた事件だったのではないでしょうか。 (ITサポートさが・陣内誠)

2019/08/25
 長かった夏休みももうすぐ終わり、読者の中には週明けから学校が始まる人もいるでしょう。夏休み期間中、安全なネット利用を心がけることができましたか?  最近、ネット利用の安全をおびやかす事例が増(ふ)えているのでお知らせします。...
2019/07/28
 夏休みが始まって1週間がたちました。皆(みな)さん、楽しく過(す)ごせていますか? 宿題は順調に進んでいますか? 中には宿題の大半を終わらせてしまったという気の早い人もいるのではないでしょうか。逆(ぎゃく)に「宿題って何ですか?」っていう強者(つわもの)もいるかもしれませんね。生活のリズムは、どうでしょう。夜ふかしや朝ねぼうしていませんか? どうしても夏休みはテンションが上がって、ふだんの生活リズムがくずれてしまいがちです。生活のリズムがくずれてしまうと体調もくずれてしまいます。  インターネットの利用に関しても同じです。夏休みの解放(かいほう)感から、ふだんとちがう行動をすると、トラブルにあうことがあります。一人で知らない街にでかけて道に迷(まよ)ってしまうようなものです。夏休みは、子どもたちのネットトラブルが増(ふ)えてしまいます。夏休みの解放感が心のスキをつくってしまうからです。もともとネットの世界は、自分の身は自分で守るのが基本(きほん)です。心にスキがあっては、自分の身を守れなくなってしまいますね。残念ながら、あなたの心のスキをねらっている人はたくさんいるのです。  日ごろ「インターネットを安全に使いましょう」と呼(よ)びかけているジンジン先生としては、夏休みだからと特別なことはしないで、ふだんと同じネット利用を心がけてほしいところです。いえ、むしろ夏休みだからこそ慎重(しんちょう)なネット利用をこころがけて、楽しい夏休みをすごしてほしいと願っています。(ITサポートさが・陣内誠)

2019/06/23
 6月14日から「チケット不正転売禁止(きんし)法」がスタートしました。...
2019/05/26
 皆(みな)さんは「ゲーム障害(しょうがい)」という言葉を聞いたことがありますか。スマートフォンやタブレットが広まると同時に、ゲームに熱中するあまり日ごろの生活に悪い影(えい)響(きょう)がでる「ゲーム依存(いぞん)」が、世界中で問題になりました。このゲームへの依存を病気としてとらえたのが「ゲーム障害」です。...

2019/04/28
 あと数日で年号が「令(れい)和(わ)」に代わります。新しい時代がやってくるのですね。...
2019/03/24
 3月も下旬(げじゅん)に入りました、もうすぐ4月ですね。この時期だとケータイデビューを果たした読者もいるかもしれません。今日は、そんなケータイデビューをした人たちへ教訓としてほしい話です。まだケータイを持っていない人は、将来(しょうらい)への参考にしてください。...

2019/02/24
 ニュースで何度も取り上げられているので、読者の皆(みな)さんも知っていると思いますが、現在(げんざい)SNS上での不適切(ふてきせつ)動画が大きな問題になっています。俗(ぞく)に「バイトテロ」と呼(よ)ばれる案件(あんけん)です。この問題は、今に始まったことではなく、2013年には多くの不適切写真が報告(ほうこく)され、それに便乗した一般(いっぱん)客による不適切投稿(とうこう)もたくさん発見されて、大きな社会問題になりました。  不適切投稿をした人は、悪ふざけのつもりかもしれませんが、お店側にとっては経済(けいざい)的な被害(ひがい)もおこる大変な問題です。「くら寿司(すし)」の事件(じけん)では株価(かぶか)が大きく落(お)ち込(こ)んで27億円の被害が出たという報道(ほうどう)もありました。過去(かこ)には損害(そんがい)賠償(ばいしょう)の裁判(さいばん)が行われたケースもあります。  これまで、何度も言ってきましたが、インターネット上での情報(じょうほう)発信には責任(せきにん)が発生することを自覚することが大切です。「どうせ誰(だれ)も見ていないから」とか「仲間内の冗談(じょうだん)だから」などと考えていると大変なことになります。  人に迷惑(めいわく)をかけることもいけないことですが、自分自身の将来(しょうらい)に影響(えいきょう)を与(あた)えることになるのです。事件を起こした人たちの個人(こじん)情報がネット上にさらされ、削除(さくじょ)することが大変難(むずか)しい状況(じょうきょう)になるからです。  モラルを考えることは自分を守ることなのです。(ITサポートさが・陣内誠)
2019/01/27
 1月ももう終わりですね。1月と言えば成人式、読者の皆(みな)さんにとっては、まだまだ先の話と思っている人も多いでしょう。...

さらに表示する