情報モラル啓発劇 「正義感で大誤爆 -SNS投稿トラブル編-」

 

大雨による被害について話をする史奈となつみ。SNSでハッシュタグ「救助」を使ってふざけた発信をしていた高校生を見つけた史奈は、怒りを抑えることができません。なつみと話しているだけでは気が済まない‥‥。

ふざけたSNS投稿を許せなかった史奈がとった行動とは‥‥。

 

 

 

  

【シナリオの一部より】
 ・
 ・

なつみ「そういえば、昨日の大雨ひどかったね。」

史奈 「そうそう、被災地の高校生が発信したSNSが災害発生を知らせるきっかけになったってニュースで言ってたよね。」

なつみ「例の『#救助』のSNSね。これからの時代、ますますネットやスマホが大切になっていくよね。」

史奈 「『#救助』って言えば、そのハッシュタグを使ってふざけた発信してた子を見つけたんだよ。これコレ、見てみて。」

なつみ「どれどれ‥‥ひっど。悪ふざけにもほどがあるよね。」

史奈 「それだけじゃないんだよ。こっちはダムの写真のっけて『ダムが決壊しそうです、消防に連絡してください』なんて、何考えてんのって感じ。」

なつみ「こっちも酷い。冷静な時は騙されないと思うけど、パニック起こす人が出そうだよね。」

史奈 「その上、『悪ふざけはやめなさい』って注意してくれた人に向かって『大きなお世話だうるせー』ってコメント返してるし、○○高校に通ってる○○って子らしいんだけど、ホントふざけんなって言ってやりたい。」

なつみ「エッ、ちょっと待って。なんでその子の学校まで知ってるの?」

史奈 「あんまりふざけてるから怒ってる人がたくさんいて、その子の個人情報が拡散され始めたのよ。ネットでその子の名前検索すると結構な数ヒットするよ。学校とか住所もバレてるみたいだし。ほらコレ見て。まぁこれだけ悪さしてるんだから自業自得よね。」

なつみ「ネット炎上ってやつね。怖いなぁ。‥‥うーん、でもなんかちょっと違和感あるなぁ。そもそも高校生が本名でSNSやるかなぁ?」

史奈 「本人が間抜けなだけじゃないの?」

なつみ「そうかなぁ‥‥?」

 

 

史奈 「ああやっぱ腹立つ。困っている人がたくさんいるっていうのに、懲らしめてやらなきゃ気が済まないわ。そうだ、高校の電話番号さらされてたよね‥‥。」

 

 ・

 ・