<ジンジン博士のケータイ新書>IoT「モノのインターネット」

 皆(みな)さんはIoTという言葉を知っていますか? 「モノのインターネット」という意味の言葉ですが、いろいろな物がインターネットにつながって、便利な世の中になるイメージを持ってもらうと分かりやすいかもしれません。一つ一つの物については、スマート○○やインテリジェント○○という言い方をする場合もあります。スマートフォンは、インターネットにつながった電話、スマートビークルはネットにつながった乗り物というように、すでに実現(じつげん)しているものもあります。

 

 皆さんは、どんな物がインターネットにつながると便利だと思いますか? お風呂(ふろ)がネットにつながるといいなぁと思う人、掃除機(そうじき)がつながってほしい人など、人それぞれだと思いますが、誰(だれ)もが気付いていないけど、あると便利なものや使い方見つけることができたら、素晴(すば)らしいですね。

 

 ただ、一つ忘(わす)れていけないのが、どんな便利な技術(ぎじゅつ)や道具も、使い方を誤(あやま)れば危険(きけん)な物となるということです。例えば、車は便利ですが、交通事故(こうつうじこ)に巻(ま)き込(こ)まれる危険性(きけんせい)があるということです。ネットに接続(せつぞく)するということは乗っ取られたり、他人を攻撃(こうげき)するための踏(ふ)み台(だい)に使われたりする危険性もあることを忘れてはいけないのです。(ITサポートさが・陣内誠)